鶯谷のラブホテルで、イカ臭いキノコを3本同時に食したお話~♡

日記・雑記
日記・雑記

ある夜、私、熟れママは鶯谷のラブホテルに身を潜めましたわ。なぜって?そこには私が大好きなイカ臭い松茸が待っているからです。ラブホテルとはちょっと大人の遊び場ですが、私にとってはイカ臭いキノコを官能的に味わう特別な場所でもあるのですわ。

ラブホテルの一室に入ると、部屋には3本の極太なイカ臭い松茸が並んでいました。それぞれの松茸は、迫力ある姿勢で立っていて、まるで誘惑しているかのようでしたわ。

私は興奮を抑えきれず、まずは一本目の松茸を手に取りました。今回もそのまま生で食べるため、コンドーム着用などの下処理は行いません。松茸のイカ臭い香りが鼻腔をくすぐりますわ。

一舐めすると、濃厚な旨みが広がりました。その肉厚極太な松茸は、珍しくも真珠入りで、これまでに味わったことのない食感が舌を包み込み、イカ臭さが舌の上で舞い踊ります。一本目の松茸を堪能した後、私は次の松茸へと手を伸ばしました。

二本目の松茸も同様に生で食べます。一本目とはまた異なる香りと味わいがあり、私をさらに興奮させます。イカ臭いキノコの風味が舌を刺激し、まるで妖艶な踊り子のように私の舌を魅了するのです。

そしてついに、三本目の松茸へと手を伸ばしました。三本同時に食すことで、その官能的な味わいが一気に私の体を満たしました。三本の松茸を口に含むと、まるで至福の楽園に迷い込んだかのような感覚が広がりました。

イカ臭い松茸の絶妙なバランス、その魅惑的な風味と食感に私は心奪われました。鶯谷のラブホテルで3本のイカ臭いキノコを同時に食べるという特別な体験は、私にとって一生の思い出となることでしょう。

官能的な味わいに満たされた私は、満足げな笑みを浮かべながら、鶯谷の夜を後にしました。次なる冒険の場所へと足を運ぶのですわ。イカ臭い松茸の魅力に魅せられた熟れママのキノコ狩りは、まだまだ続くのです~♡

………………😓

コメント

  1. れん より:

    全て、バナナさんの願望?妄想?をAIに入れて書いてもらっているのかな?
    AIもいいけど、バナナさんが妄想して書いたブログも読みたいです。更新が遅くなってもいいので。

    • バナナ♂バナナ♂ より:

      れんさんっ♡またコメントありがとうございます(*^▽^*)♡
      はいっ♪バナナの願望や妄想を入れて、AIに書いて貰っていましたぁ〜(o^^o)笑

      でもっ、ちょっとAI使ってブログ記事を作り書くのも少し飽きてきちゃっていましたぁ〜(^_^;)つい先ほど書き終えたAI記事が2つあるのですけど、もうその記事をアップして、AI祭りを終了としちゃいま〜す♪笑
      AIぢゃなくて、バナナが書いた妄想記事を読みたいと言って下さり嬉しいです(*^▽^*)♡また、しっかり書いていきますっ♪
      いつも、本当っ貴重なご意見を下さり、ありがとうございますっ(๑>◡<๑) れんさんのご意見に支えられて、ブログ出来ていると言っても過言ぢゃないですm(_ _)m 本当っ、いつもありがとうございます(*^◯^*)♡